テレホンSEXをやってみたいなら

テレホンSEXに興味を持って、思い切って始めてみようとサイトを探してみたはいいものの、実際にどのようなサービスなのかがよくわからない、または実際にテレホンSEXに出演してみたいと思っても、テレホンSEXサイト内でチャットレディーの募集をしているサイトなんてない、どこに応募すればいいのか?といった疑問を持っている方は沢山いるのではないでしょうか?まずテレホンSEXとは、サイト内で待機している女性のところへ男性がログインし、二人きりでチャットを楽しむというコミュニケーションサービスのことです。

今までにもチャットサービスは多くありましたが、これまでのものは特定の部屋に不特定多数の大勢の人がログインしていき会話を楽しむというものでした。

二人きりでチャットをするものもありましたが、大抵は男性側がパソコン前で待機をして、入室メッセージを読んで興味を持った女性がだけがログインしてチャットをするという仕組みでした。

ですが、現在のテレホンSEXはそんなこれまでのチャットサービスとは逆の全く異なる仕組みを取っています。

まず待機しているのは女性側で、男性側が待機中の女性の中からタイプの女性を探すことができます。

これまでのようにチャットする相手を選ぶことが出来なかったチャットサービスと違って、テレホンSEXでは相手の女性を自分の目で直接選ぶことができます。

この仕組みはこれまににない画期的なサービスと言えるでしょう。


テレホンSEXの用語について

テレホンSEXで結構用いられる言葉について、今度は「サ行」「タ行」の説明です。

「スレ」。

スレッドの短縮で、BBSにある樹形図方式の返事の送信、あるいはBBS自体を言います。

「チャット」。

声ではなく文章を使い、ウェブネット中で決まっていない多くの方達と進行形でおしゃべりをする事を意味します。

ついでに声を用いて実施するチャットをパソコン電話・ボイチャと呼びます。

進行形であるためにメールに比べ直ぐに交換ができ、道楽仲間との交流にチャットを用いると、とても賑やかになって楽しいでしょう。

「直メ」。

直アドメとも言って、テレホンSEXを仲介せず直にメールの交換をすることを言います。

この段階まで来たら、待ち合わせはもうすぐでしょう。

あるいは、料金がかかるサイトの時にはこの段階まで発展すると、点数を使うことなく交換ができることになりかなり推薦できます。

と言っても、このことを到達地点と決める方が沢山いることでも知れるように、行程はなかなか厳しく続くのですが・・・。

「直電」。

先方と直にテレフォンにより会話することを指します。

「直電知りたい」と聞かれたときには、「携帯電話のナンバーを知りたい」と言うことになります。

「ツーショットチャット」。

チャットが決まっていない沢山の方と実施するのに比べ、このことはある決まった人と共に、ふたりだけでするチャットをいいます。

「デコメ」。

デコレーションメールの意味で、言葉ではなく文面全て、あるいはバックに飾り付けたメールをいいます。

Menu

 TOP